稽古風景や出来事や楽しい良い話などなど!!!
「極真館 国際指導者合宿 2010年2月19~21日」

国際指導者合宿に坂戸道場の和田先生と自分と参加して来ました!
文字通り世界各国からの指導者の皆さんが参加し総勢で140名を超えたそうです。
武蔵中央支部からの参加は木内師範と自分ら二人でした。
午後1時から稽古開始ですので12時には到着したいと思い、
雪の心配もありましたので19日は余裕を持って朝8時に出発しました。
ですが交通状況はなんら心配なくスイスイと走り11時前に到着しました。
昼ごはんを食べしばし休憩できたのでとても精神的にも楽でした。

体育館の中で着替え準備していると館長が到着!
なんと参加者全員と挨拶と握手されています!!素晴らしい方です!
海外の方々も感激している様子でした!並んでいると自分らの番がきました。
館長が和田くんに「どこから来ましたか??(どこの国か?の意)」と訊かれました!
和田くんは「え?あ!・・む・さ・し・中央・シブです・・」とぼそぼそと答えました。
館長は「あっ!!おぉ!なんだそうかぁ~!御苦労さま!」と笑っていました。
館長のいつものジョークではなく真面目に和田くんを外国人だと思われたようです!!
自分が心の中で大爆笑していたのは周りの方には気づかれませんでした・・
和田くんも初日早々に1つお土産話?ネタ?ができたと笑っていました。

初日の稽古は基本~広重副館長の体術・受身などからスタートでした。
受身といっても武道空手の理念に基づき畳やリングの上といった想定でなく・・
「戦いは何時どこであるか分からない!アスファルト上や岩場なども考える事も大事。
スポーツや競技といった枠での体捌きではない!そこが大事なとこなんだ!」
と強調され、御自身の体験談も話されていました。
もちろん試合競技の中での怪我を防ぐためも含まれていました。

そして館長稽古です!!

その日・・福島県は雪が積もっていました。
館長は以前ロシアに行った時の事を話されました。
ロシアでの極寒の雪の上での稽古!
参加者みな足が凍傷になったとのことです・・

館長:「皆さん私の言いたいことがわかりますか?!」
一同:「押忍・・」
館長「さぁ!!体育館から外へ行きましょう!!!」
一同「押~忍!!」
外の雪の上で素足での基本稽古!!寒いのなんの・・・
館長:「みんな暑いだろ~っ!??上着を脱げェーつ!!雪を体に塗れーっ!!!」
一同:「おーーすっ!!」さらに稽古は続き・・
館長:「みんな寝っ転がれー!!腹筋だーっ!!」
一同:「オォースっ!!!」
外稽古が終わり・・一同逃げるように体育館に走りました・・・
さっきまでは暖房がきいていても寒く感じた体育館が常夏に感じられました!!
外の稽古は寒いの寒くないの・・恐ろしいものでした・・
しかしもう焼けくそになっていると不思議です・・
なんだか少年時代に戻ったように楽しく感じられました。
逃げ場のない状況から人間本来の生命力を発揮させる館長は素晴らしいです!
体育館に戻ってからの館長稽古は基本の大切さを再認識させる内容でした。
とても勉強になりました!初心忘れべからず!ですね。
その後は審判講習で初日目は終了しました。

合宿二日目。

午前中は岡崎師範の稽古でした!
これまた予想通り大変厳しいものでした!
参加した皆さんが合宿で一番きつかった!
と意見が一致した「横蹴りからのえの字立ち!」
いつ終わるか分からない中、皆さん必死な形相で立ち向かいました?(大げさ・・)
その後足がガクガク・・ぶるぶるしながら型を打ちました!
石島師範の模範演武・平安の型を解説付きで見せていただきました!
とても素晴らしく!次元が違うと感激しました!凄い!
平安の型にしても太極の型も本物は凄いですね!
型に対する認識がまた大きく変わりました!!押忍!

その後館長が昼休憩しましょうを言われました。
気がつけば12時半・・13時から午後の稽古です。
昼飯の時間さえ忘れ皆集中してしました。
みなさん極真空手バカの遺伝子ですね!
昼食をサッと済まし午後は孫先生の「意拳」の稽古です!
自分は凄く楽しみにしていた稽古ですので嬉しかったです。
終了後に孫先生が言われました。
「いろいろな武道団体がありますが、
世界中をみても極真館ほど素晴らしい団体は見当たりません!
強さ!技術!精神!どれもがナンバー1です!」
館長・副館長・孫先生の絆の深さを認識させられました!
何といっても人と人との調和が世界平和ですね!

その後武器術の稽古をたっぷり行い!
この日も最後は審判講習で締めくくられました!

三日目

合宿中の総復習を言いましょうか?
何日あっても学ぶ事が尽きない感じで・・
時間がないから終わりにしなくては・・・といった様子で・・
参加者の真剣さがもはや尋常ではありません・・
ホントに現代には少なくなったストイックな集団だな・・と思います・・
これが極真館の指導者集団なんだと納得です!
館長が言いました。
「空手バカとは誉め言葉だが・・馬鹿にも程がある・・」
と嬉しそうに笑顔で言われました。
そして合宿3日間は無事終了しました。
その後は審査会がありました。
皆さん最後の締めくくりと真剣な表情でした。

自分的には毎回ありえないほどの情報と技術内容に嬉しい悲鳴です!!
道場での稽古や指導に役立たせたいと思います。

押忍!!
スポンサーサイト